ロゴ
HOME>オススメ情報>確定申告は税理士にお任せして節税対策をしよう

確定申告は税理士にお任せして節税対策をしよう

電卓を持つ女性

確定申告に必要なもの

事業者や複数から収入を受けている給与所得者は、確定申告を行わなければいけないです。原則は自主申告、自主納税ですから、自分の責任です。不正と認識されれば、個人・法人問わず税務調査がやって来ます。基本的に確定申告に必要な条件は、期限内申告ですから必ず期限内に行います。期限後申告は税額に応じて罰金を受けますから要注意です。必要書類は申告書と決算書、そして医療費などの控除証明書です。確かに電子申告を税務当局は推奨しています。データ処理は実務面でとても業務がやりやすいからです。申告納税者は多いため、窓口対応だけでは、すべてを処理できない現状ですから、電子化に移行するようになっています。もちろん、書類を作成し、郵送もしくは直接受付に持って行くと受付段階は通過します。少なくても必要書類が整っているかどうかは、受付の仕事ですが混雑していると行列ができるため、全ての書類チェックは無理なる現場実務です。常にあとでチェックする業務になってしまいます。申告書には、住所・氏名・生年月日、業種名・屋号・マイナンバーなどを記入しますから、個人情報の集積です。税理士が必要ならば適切なアドバイスをしてもらえます。

男の人

税理士に依頼するメリット

自主申告・自主納税ですから、自分で計算し申告書類を作成し提出しても誰からも咎められる筋合いはありません。税金の難しいところは、計算ミスがあとで発覚し、税務調査を受け、修正申告書を提出させられ加算税と延滞税を払わされる事実はよくあります。税理士はクライアント仕事として、専門知識と実務に長けていますから、税務調査対応はベテランほど百戦錬磨です。いくらかの報酬を支払って専門家に依頼した方が、面倒くさい税金計算などをする時間は削減できます。だから信用が置ける税理士と付き合う必要があります。現在の業界は大変な事情があります。専門家が専門家として維持していくためには、常に勉強するしかないからです。国家資格だけを取得したからといって、たやすく生き残れない時代に入りました。ネット上でも税理士紹介業がよくありますが、クライアントはおりが合わないと感じていたら、移動しようとするニーズを捕まえたネット上での紹介業ページがよく見受けられます。なんせ確定申告のプロですから、間違ったアドバイスは許されません。税理士に依頼するメリットは大きいですが、医者と同じで合う、合わないがどうしても出てきます。